中国ファーウェイは16日(現地時間)、最新フラッグシップファブレット「Huawei Mate 10 Pro」および「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10」を発表しました。

Huawei Mate 10 Proは、同時に発表された姉妹機「Huawei Mate 10」の上位モデルに相当する製品であり、PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10は、Huawei Mate 10 Proをベースに、独ポルシェと共同開発されたコラボレーションモデルとなります。

以下は、両機種の主なスペックと特徴。

OS EMUI 8.0(※Android 8.0 Oreo)
ディスプレイ 6.0インチ フルHD+(2160×1080)AMOLEDディスプレイ
SoC HiSilicon 2.4GHz 64-bit オクタコア Kirin 970
RAM 6GB
ストレージ 128GB(※Huawei Mate 10 Pro)
256GB(※PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10)
メインカメラ デュアルカメラ
(約1,200万画素カラー + 約2,000万画素モノクロ)
フロントカメラ 約800万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE 

ワイヤレス

Bluetooth 4.2
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー 4,000mAh

その他

microSDカードスロット(最大256GB)
デュアルSIM機能
指紋認証機能
急速充電機能
防塵防水機能(IP67相当)
外形寸法 154.2(W) × 74.5(D) × 7.9(H) mm
本体重量 178g

Huawei Mate 10が、「Huawei Mate 9」の正当後継機種であったのに対し、こちらの2機種は、より現在のトレンドに追随した製品に仕上げられています。

ディスプレイには、「HDR 10」規格に対応するアスペクト比18:9(2:1)のAMOLEDパネルが採用されており、NTSC比112%という非常に高い色再現性を実現。

また、独ライカとの共同開発品であるデュアルカメラには、F値1.6という非常に明るい光学レンズと2基の独立した光学式手振れ補正機構(OIS)が採用されています。

「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10」

そして、Huawei Mate 10と同様に、CPUとGPUに加え、AI処理専用プロセッサである「NPU」が統合された最新SoC「Kirin 970」が搭載されており、撮影時の環境に応じて自動的に最適な撮影パラメータに設定するなど、端末の様々な機能がAIとNPUによって処理されるとのことです。

さらに、Huaewi Mate 10ではIP53相当であった防塵防滴機能も、IP67の防塵 “防水” 機能へと強化されました。

そのほか、底面部に搭載されているUSB Type-Cポートと変換ケーブルを利用して、DisplayPort対応ディスプレイと接続することで、「Windows 10 Mobile」端末の「Continuum」機能のように、ディスプレイをデスクトップPCのように使用することが可能になります(※Huawei Mate 10にも同機能を実装)。

「Continuum」に似た機能も実装

なお、Huawei Mate 10 ProおよびPORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10は、ともに来月中に世界各国で販売が開始される予定。

価格はそれぞれ799ユーロ(約10万5000円)と1395ユーロ(約18万4000円)となり、前者については、年内に国内市場で発売される予定です。

[GSMArena[1][2]]