株式会社NTTドコモは18日(日本時間)、韓国LGの最新フラッグシップファブレット「LG V30+ L-01K」を、2018年1月以降に発売することを発表しました。

LGは今年8月下旬、最新フラッグシップファブレットとして「LG V30」および「LG V30+」を発表しましたが、両機種の仕様に見られる差異は、前者のストレージ容量が64GBであるのに対し、後者は128GBへと強化されている点のみ。

以下は、LG V30+ L-01Kの主なスペック。

OS UX 6.0+(Android 8.0 Nougat)
ディスプレイ 6.0インチ QuadHD+(2880×1440)FullVisionディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 835
RAM 4GB LPDDR4X
ストレージ 128GB UFS 2.0
メインカメラ デュアルカメラ
(約1,650万画素 標準カメラ + 約1,310万画素 広角カメラ)
フロントカメラ 約510万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE(4波CA)
ワイヤレス Blutooth 5.0 BLE
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー 3,060mAh

その他

microSDカードスロット(最大2TB)
USB Type-C 2.0(USB 3.1)
防塵防水機能(IP68相当)
高耐久構造(MIL-STD-810G準拠)
指紋認証機能
顔認証機能
急速充電機能(Quick Charge 3.0)
ワイヤレス充電機能
カラーバリエーション オーロラブラック
クラウドシルバー
外形寸法 151.7(W) × 75.4(D) × 7.3(H) mm
本体重量 158g

グローバルモデルには「Android 7.1.2 Nougat」が搭載されていましたが、LG V30+ L-01Kには、最新バージョンとなる「Android 8.0 Oreo」が採用された一方で、バッテリー容量については、何故か3300mAhから3060mAへと削減されています。

そのほか、LG V30シリーズの特徴について詳しくは、こちら(過去記事)をご覧ください。

また、発売日や販売価格に関する詳細は発表されませんでしたが、同機種の購入者には、米グーグル製のVRヘッドセット「Daydream View」が無償で提供される予定とのこと。

なお、NTTドコモおよびKDDIの両社から今月中の発売が予告されている「Galaxy Note8」も、LG V30シリーズと同様にDaydreamをサポートしており、近日中にもDaydreamプラットフォームの国内展開が本格的に開始されることとなりそうです。

[株式会社ドコモ[1][2] via ケータイWatch]