モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社は27日(現地時間)、SIMフリー版「Moto X4」を国内市場において発売しました。

「スーパーブラック」

Moto X4は、今年8月末に新型ミッドレンジスマートフォンとして発表されていましたが(過去記事)、今回新たに国内発売が発表されました。

以下は、Moto X4の主なスペックと特徴。

OS Android 7.1.1 Nougat
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoC Qualcomm 2.2GHz 64-bit Snapdragon 630
RAM 4GB
ストレージ 64GB
メインカメラ デュアルカメラ
(約1,200万画素 標準カメラ + 約800万画素 広角カメラ)
フロントカメラ 約1,600万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE(Cat.11)
ワイヤレス Bluetoot 5.0 BLE
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー 3,000mAh

その他

microSDカードスロット(最大2TB)
USB Type-Cポート
指紋認証機能
防塵防水機能(IP68相当)
急速充電機能(TurboPower)
カラーバリエーション スーパーブラック
スティーリングブルー
外形寸法

148.35(W) × 73.4(D) × 7.99~9.45(H) mm

本体重量 163g

背面部のデュアルカメラは、「Dual Autofocus Pixel」と呼ばれる最新技術により、低照度環境下でも高速なオートフォーカスを可能にしているほか、背景をソフトウェア処理でぼけさせる「ポートレート撮影モード」や、画角120度の広角撮影にも対応。

「スティーリングブルー」

さらに、フロントカメラは通常の撮影モードに加え、画素数を400万画素に抑える代わりに暗所でも綺麗に自撮りできる「adaptive low light」モードが実装されました。

そのほか、Moto X4の指紋認証機能を利用して、PC上で閲覧しているWebサイトのパスワード入力を可能にする「Moto Key」や、3本の指をディスプレイ上に短時間置いておくことで、いつでもスクリーンショットの撮影できる「Quick Screenshot」などの、便利機能も実装されています。

また、同社は今回、Moto X4の発売に合わせて、「Moto Z」シリーズの専用モジュール「Moto Mods」の製品ラインナップに、「Moto ゲームパッド」と「Moto 360カメラ」を追加し、今月27日より販売が開始される予定です。

なお、「スーパーブラック」モデルは今月27日より、「スティーリングブルー」モデルは来月2日より順次販売が開始されます。価格はどちらも5万3800円(税別)。

[日本経済新聞]