株式会社NTTドコモは18日(日本時間)、2017-2018年 冬春モデルとして、「Xperia XZ1 SO-01K」および「Xperia XZ1 Compact SO-02K」を、2017年11月上旬より順次発売することを発表しました。

「Xperia XZ1」

Xperia XZ1については、既にKDDIおよびソフトバンクからも近日中の販売開始が予告されていましたが(過去記事[1][2])、Xperia XZ1 Compactの国内発売を発表したのは、NTTドコモが初めてとなります。

以下は、両機種の主なスペックと特徴。

Xperia XZ1 SO-01K

OS Android 8.0 Oreo
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)TRILUMINOSディスプレイ
SoC Qualcomm 2.45GHz 64-bit オクタコア Snapdragon 835
RAM 4GB
ストレージ 64GB UFS
メインカメラ 約1,920万画素 Motion Eyeカメラ
フロントカメラ 約1,320万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE(Cat.16)
ワイヤレス Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー 2,700mAh

その他

microSDカードスロット(最大256GB)
USB Type-Cポート
防塵防水機能(IP68相当)
指紋認証機能
急速充電機能(Quick Charge 3.0)
カラーバリエーション ムーンリットブルー
ブラック
ウォームシルバー
ヴィーナスピンク
外形寸法 148(W) × 73(D) × 7.4(H) mm
本体重量 156g

Xperia XZ1 Compact SO-02K

OS Android 8.0 Oreo
ディスプレイ 4.6インチ HD(1280×720)TRILUMINOSディスプレイ
SoC Qualcomm 2.45GHz 64-bit オクタコア Snapdragon 835
RAM 4GB
ストレージ 32GB UFS
メインカメラ 約1,920万画素 Motion Eyeカメラ
フロントカメラ 約800万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE(Cat.16)
ワイヤレス Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー 2,700mAh

その他

microSDカードスロット(最大256GB)
USB Type-Cポート
防塵防水機能(IP68相当)
指紋認証機能
急速充電機能(Quick Charge 3.0)
カラーバリエーション ホワイトシルバー
ブラック
ホライズンブルー
トワイライトピンク
外形寸法 129(W) × 65(D) × 9.3(H) mm
本体重量 143g

Xperia XZ1とXperia XZ1 Compactとの主な違いとして、前者のディスプレイがHDR表示に対応しているのに対して、後者は非対応である点に加え、ディスプレイのサイズと解像度、ストレージ容量およびフロントカメラの画素数が、それぞれ前者よりも低く抑えられている点が挙げられます。

一方で、「Motion Eye」カメラシステムや「3D Creator」機能のほか、Xperia史上最大の音量を実現した新型フロントスピーカーや、「DSEE HX」などの高音質化技術が搭載されている点については、前者と共通しています。

Xperia XZ1の主な特徴については、こちら(過去記事)をご覧ください。

「Xperia XZ1 Compact SO-02K」

なお、Xperia XZ1 SO-01Kは来月上旬、Xperia XZ1 Compact SO-02Kについては来月中旬に発売される予定。一括購入時の価格は、それぞれ8万6184円(税込)と7万7760円(税込)となります。

[NTTドコモ[1][2] / ソニー[1][2]]