株式会社NTTドコモは18日(日本時間)、中国ZTEと共同開発した折り畳み式2画面ハイエンドスマートフォン「M Z-01K」を、2018年1月以降に発売することを発表しました。

M Z-01Kは、5.2インチディスプレイを2つ搭載した端末であり、背面中央部に設けられたヒンジを軸にして、真っ二つに折り畳むことが可能な構造となっています。

完全に展開した状態では6.8インチ相当の小型タブレット端末のように使用することができるほか、それぞれのディスプレイ上で異なるアプリやコンテンツを同時に動作させることも可能とのことです。

さらに、「ミラーモード」利用時には、2つのディスプレイ上に同じ内容を表示し続けることが可能であるため、向かい合った誰かと同じコンテンツを同時に視聴する際などにも活躍します。

以下は、M Z-01Kの主なスペック。

OS Android 7.1.2 Nougat
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)液晶ディスプレイ × 2
SoC Qualcomm 2.2GHz 64-bit クアッドコア Snapdragon 821
RAM 4GB
ストレージ 64GB
メインカメラ 約2,030万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE(VoLTE)
ワイヤレス Bluetooth 4.2
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー 2,930mAh
その他 microSDカードスロット(最大256GB)
指紋認証機能
急速充電機能
外形寸法(予定) 約151(W) × 約72(D) × 約12.1(H) mm(※折りたたみ時)
本体重量 約230g

一般的なスマートフォンにおいては、端末の正面および背面部にそれぞれ1基ずつカメラが搭載されていますが、折り畳み構造を採用するM Z-01Kには、1基のカメラしかで搭載されていません。

また、端末側面部の電源ボタンには指紋認証センサーが統合されているほか、最新の3D音響システム「Dolby Atmos」も採用されています。

なお、国内市場ではM Z1-0Kとして発売されますが、グローバル市場においてはZTEのAxonブランドの最新モデル「Axon M」として発売されるとのこと。発売日および販売価格については、後日改めて発表される予定です。

[株式会社ドコモ[1][2] via ケータイWatch / ZTEジャパン株式会社]