SamMobileは16日(現地時間)、次世代Galaxy Noteシリーズにおいて、専用スタイラスペン「S Pen」がさらなる進化を遂げる見通しと伝えています。

韓国サムスン幹部のBJ・カンおよびキュー・キムの両氏は今回、インタビューに応じる中で、「Galaxy Note8」の後継機種に関する情報について言及しました。

両氏によると、Galaxy Note8は、歴代シリーズ史上において最も製品の企画開発に時間と労力が割かれた製品であり、製品の開発においては、初代「Galaxy Note」において最もユーザーから評価された「カメラ」、「S Pen」および「大型ディスプレイ」の改良に最も注力されたとのことです。

また、既に同社は次世代Galaxy Noteの開発計画に着手しており、S Penなど “特徴的な要素” が、さらなる進化を果たす予定であることも明らかにされました。

なお、直近の情報では、「Galaxy Note9」に、3Dセンサーが統合されたフロントカメラと、「Face ID」に似た顔認証機能が実装される見込みとも報じられており(過去記事)、まだまだGalaxy Noteシリーズは進化の余地を残している模様です。

[サムスン via SamMobile]