韓国サムスンは18日(現地時間)、オープンなIoTプラットフォーム「SmartThings Cloud」を発表しました。

サムスンによると、SmartThings Cloudは、同社製品のみならず、多くの他社製品を包括するプラットフォームであり、冷蔵庫やTVから、電球や食洗器に至るまで、あらゆるスマート製品との連携を実現するとのことです。

また、同プラットフォームは、“simplicity(簡単であること)” が念頭に置かれて開発されており、その中核的な存在を担うのが、同社が今回新たに発表した次世代バーチャルアシスタント「Bixby 2.0」(過去記事)となる模様。

Bixby 2.0は、SmartThings Cloudとの密接な連携を可能にするように開発されており、音声指示によって同プラットフォームを介して繋がったあらゆるIoT製品の操作を可能にするとされています。

なお、正式なリリース時期については発表されていません。しかしながら、こうして公式に存在が明らかにされたところを見るに、そう遠い将来の話ではなさそうです。

[サムスン via SamMobile]