ソフトバンク株式会社は17日(日本時間)、ソニーの最新フラッグシップスマートフォン「Xperia XZ1」を、2017年11月上旬以降に発売することを発表しました。

先日、KDDIも来月下旬より「Xperia XZ1 SOV36」の国内販売を開始することが発表されましたが(過去記事)、追従する形で同じくXperia XZ1の国内発売を発表したソフトバンクの方が、市場においては先駆ける形となりました。

なお、Xperia XZ1の特徴について詳しくは、こちら(過去記事)をご覧ください。

以下は、Xperia XZ1の主なスペック。

OS Android 8.0 Oreo
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)TRILUMINOSディスプレイ
SoC Qualcomm 2.45GHz 64-bit オクタコア Snapdragon 835
RAM 4GB
ストレージ 64GB UFS
メインカメラ 約1,920万画素 Motion Eyeカメラ
フロントカメラ 約1,320万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE(Cat.16)
ワイヤレス Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー 2,700mAh

その他

microSDカードスロット(最大256GB)
USB Type-Cポート
防塵防水機能(IP68相当)
指紋認証機能
急速充電機能(Quick Charge 3.0)
カラーバリエーション ムーンリットブルー
ブラック
ウォームシルバー
ヴィーナスピンク
外形寸法 148(W) × 73(D) × 7.4(H) mm
本体重量 156g

一括購入時の販売価格は9万3120円(税込)となり、月月割りを利用した場合の実質負担額については、新規および機種変更ならば4万5120円(税込)、MNPならば1万6320円(税込)とのこと。

また、ソフトバンクが今回新たに発表した端末購入の補助サービス「半額サポート for Android」の対象機種でもあります。

なお、今月20日より予約販売が開始され、来月上旬以降に発売される予定です。

[ソフトバンク株式会社 via ケータイWatch]