ソニーは26日(現地時間)、「Google Assistant」を搭載するスマートスピーカー「LF-S50G」を、2017年12月9日に国内市場において発売することを発表しました。

LF-S50Gは、既に今年8月末に発表されていましたが(過去記事)、今回新たに国内市場における発売日および販売価格が明らかにされました。

Google Assistantが搭載されているため、「Amazon Echo」や「Google Home」、あるいは「HomePod」のように、音声指示によって様々な操作が実行できるほか、天板部に内蔵されたセンサーを利用して様々なジェスチャー操作も可能にしています。

筐体はIPX3相当の防滴性能を実現

また、純粋なBluetoothスピーカーとして見ても、搭載されている360度の無指向性スピーカーは、「一般的な広さの部屋の中を、楽々と音で満たせるほどの出力を備えている」とのこと。

なお、市場想定価格は2万5000円(税別)前後とされており、公式オンラインストア上では2万4880円(税別)で予約販売が開始されています。

[ソニー via PC Watch]