米アップルは10日(日本時間)、iOSの最新バージョン「iOS 11.1.1」の提供を開始しました。

今回のアップデートにより、「Hey Siri」の呼び掛けで「Siri」が起動しない不具合に加え、小文字のアルファベット「i」と入力すると、大文字の「A」や「!(エクスクラメーションマーク)」、「?(クエスチョンマーク)」へと誤変換されてしまう不具合も修正されたとのことです。

 

なお、前バージョンの「iOS 11.1」においては、70種類を超える絵文字が追加されたほか、多くのバグ修正や機能改善が図られました。以下は、同バージョンで改善された要素の一覧(リリースノートより引用)。

絵文字

  • 食べ物、動物、伝説上の生き物、衣服関連品、より表現豊かなスマイリーフェイス、性別による区別のないキャラクターなど、70字を超える新しい絵文字が追加

写真

  • 一部の写真がぼやけて見える問題を修正
  • Live Photosエフェクトの再生が遅くなる問題に対応
  • iCloudバックアップから復元したときに、一部の写真が“ピープル”アルバムに表示されない問題を修正
  • スクリーンショット間をスワイプするときのパフォーマンスの問題を修正

アクセシビリティ

  • 英語点字のグレード2の入力の対応を改善
  • 複数ページのPDFへのVoiceOverのアクセスを改善
  • 受信した通知を知らせるときのVoiceOverのローターのアクションを改善
  • AppスイッチャーからAppを削除するときのVoiceOverのローターのアクションのメニューを改善
  • タッチ入力モードでVoiceOverを使用しているとき、代替キーが表示されない問題を修正
  • “メール”でVoiceOverのローターが常にデフォルトのアクションに戻ってしまう問題を修正
  • VoiceOverのローターがメッセージを削除しない問題を修正

その他の改善および修正

  • 3D Touch対応のディスプレイで、画面の端を押してAppスイッチャーにアクセスする機能を回復
  • 消去したメールの通知がロック画面に再表示される問題を修正
  • エンタープライズ環境で、データが管理対象Appの間で移動できない問題を修正
  • 一部の他社製GPSアクセサリで位置情報が不正確になる問題を修正
  • 心拍数の通知の設定がApple Watch Appに表示される問題を修正(第1世代)
  • Apple WatchでAppのアイコンが表示されない問題を修正

[アップル via AV Watch]