世界的な情報筋のエヴァン・ブラス氏は10月30日(現地時間)、台湾HTCの次世代フラッグシップファブレット「HTC U11 Plus」のカラーバリエーションについて、新たな情報をリークしました。

先日HTCが公開した新製品発表会のティザー画像

ブラス氏によると、HTC U11 Plusには、「ブラック」、「シルバー」および「トランスルーセント(半透明)」の3色が用意される見通しとのことです。

また、HTCが先日公開したティザー画像(過去記事)には、HTC U11 Plusと見られる端末の姿が写っていましたが、より見やすいように加工された画像を見る限りでは、確かに背面カバーはスケルトン仕様になっているように見受けられます。

上の画像を加工したもの

なお、直近の情報によると、HTC U11 Plusは、「Android 8.0 Oreo」と「Snapdragon 835」、4GBのRAMと64GBのストレージのほか、1200万画素のメインカメラと800万画素のフロントカメラを搭載。

さらに、6.0インチのQHD+(2880×1440)ディスプレイを搭載し、端末の正面部については、ベゼルレスデザイン化も図られる見通しとのことです(過去記事[1][2])。

[Twitter]