9to5Macは6日(現地時間)、台湾KGI証券のアナリストであり、米アップルの消息筋としても知られるミンチー・クオ氏が、新たに2018年に発売される新型iPhoneシリーズに関する予測を発表したことを伝えています。

クオ氏によると、米アップルは、2018年に有機ELディスプレイを搭載する2機種の新型iPhoneを発売し、一方は「iPhone X」の後継機種となり、もう一方については、その “Plus” モデルとなる見通しとのことです。

また、iPhone Xの筐体には、側面部を囲う形で、計4つのステンレス素材製の部品が使用されていますが、同氏は今回、上述の新型iPhoneにおいては、“data transmission quality(データ転送品質)” の改善を図るべく、より多くのステンレス素材製パーツが使用される可能性を指摘しています。

仮に今回の情報が事実であるとするならば、やはり気になるのは、2機種の新型iPhoneの名称とサイズについてでしょうか。

現行の「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」に合わせる形で、4.7インチ前後と5.5インチ前後の端末となるのか、はたまたiPhone Xを基準にして、5.8インチ前後と6.0インチ以上の端末として登場するのか。名称についても、「iPhone XI」シリーズと「iPhone 9」シリーズのどちらが採用されるのか。はたまた、まったく別の名称が与えられることになるのかなど、疑問は尽きません。

なお、「データ転送品質」という言葉が具体的に何を意味しているかは不明ですが、筐体におけるステンレス素材の占める割合が増加するならば、端末のデザイン自体にも何らかの変化がもたらされることとなりそうです。

[9to5Mac]