米Twitterは7日(現地時間)、同社の提供する情報発信ツール「Twitter」の文字数制限を、現在の140字から280字にまで緩和したことを発表しました。

既に今年9月から、一部のユーザーを対象に制限緩和に向けたテストが実施されていましたが、ついに今回、英語を始めとする世界各国の言語を対象として、1つのツイートに入力できる文字数の上限が、140字から280字にまで緩和されました。

ただし、残念ながら、日本語、中国語および韓国語については、引き続き140字が上限に。その理由については、「これら3ヶ国語が、他の多くの言語よりも短い文字数で多くの情報を伝えられる言語であるため」とされています。

なお、Twitterによると、上述のテスト期間中、280字の上限一杯まで文章を詰め込んだツイートの方が、そうでないツイートよりも多くの “いいね” やリツイート、メンションを得られたとのこと。

日本語で280字となると、400字詰め原稿用紙の半分を優に上回る文字数であり、「簡潔さ」がTwitterの持つ魅力の1つであるという観点に立てば、今回の判断は “正解” なのかもしれません。

[Phone Arena]