About

サイト案内

GGSOKU(旧:ガジェット速報)をご観覧下さりありがとうございます。
このページではGGSOKUについてのご案内を掲載しております。

GGSOKU(ぐぐそく)とは

取材活動

取材活動

GGSOKUは、スマートフォンやタブレット端末などのエレクトロニクス製品を基軸にした話題を扱う『次世代ニュースコミュニティ』です。

弊サイトは、コメント欄を通じた「ディスカッション」を大切にしており、読者の方が内に秘めている考えを発信し合うことに大きな価値があると考えております。

なお、上級者向けになりすぎないコンテンツ構成を心掛けており、難しい言葉は噛み砕いて説明し、より多くの人に楽しさを伝えられるように努めます。従いまして、スマートフォンのベンチマーク結果などの話題は極端に少なく、「脱獄」や「root化」に関する話題は一切扱いません。あらかじめご了承下さい。

世界を見て、近くを見つめる

『日本』という国において、文明に新たな流れが生じてから約150年の年月が経とうとしています。この国が鎖国していた頃、海の向こうに広がる世界に心を躍らせる人達が存在した一方で、まだ見ぬ世界に恐れを抱く人々も大勢いました。

しかし、人々の好奇心は止まることをしらず、全く異なる文化同士が衝突を起こして新たな化学反応を生みます。それは明治の文明開化に限らず、古くは弥生時代から続いている『日本』という国の文化の成り立ちの歴史でもあります。

maps

世界を見て私たちは多様性を学びます。それを、仮に『ビジネス』という枠組みでとらえた場合、日本では考えられないような手法を用いる国や企業が世界にはたくさん存在します。その手法がアンフェアだと非難されることもあるでしょう。弊サイトはそれらを推奨するわけではありませんが、「そのような企業・国・手法が存在しているという事実」を伝えることを大切にしています。知っているのと知らないのでは大きな差が存在するからです。

もちろん、世界を見知ることで学ぶ多様性は、上記のような悪いことばかりではありません。様々な国に根付く文化や思想、宗教、人生観など、地理と歴史が生み出す独特の文化や価値観は、読者の皆様がこれから生活を送る上で必ずプラスになることでしょう。

さて、ここまで世界の外を見ることをクローズアップしてきましたが、ふと近くを見つめてみましょう。

日本にも素晴らしい研究者や技術、文化、考え方は星の数ほど存在します。それらの素晴らしさは、世界を見たからこそ気付くこともあります。GGSOKUは日本に存在する “素晴らしい○○” を読者の皆様にご紹介することも大切にしています。マクロな視点とミクロな視点の切り替えこそ、現代ならではの「化学反応」であると考えているからです。

基本理念1 : 素晴らしい話はどこにでも存在する

国籍・性別・思想が違う人々が1つの話題を通じて議論を重ねることで生まれるものをGGSOKUでは大切にしています。もちろん、一定のルールを踏まえた上での議論が大切ですが、崇高な論壇にのみ素晴らしい話が転がっているとは考えていません。

『どんな場所にも素晴らしい話は存在する』

まさにこれがGGSOKUの考え方です。たしかに、インターネット上に無数に存在する “たかが1サイト” ですし、投稿者の実名も表示されなければ、コメントを投稿しても得になりません。しかし、GGSOKUでは「自分の気持ち・考え・想い」を発信する行為に価値があると考えています。

確かに、ネット上のディスカッションにノイズが多いことは事実です。だからといって一律に切り捨ててしまってよいのかというと、そうではありません。ニュース記事という1つのキーワードを通じて複数のユーザーと議論を重ねて考えを深めることは大切な事なのです。

基本理念2 : 単純にガジェットを楽しむ

『基本理念1』は小難しい話でしたが、ご存じのように難しい話ばかりでは疲れてしまいます。GGSOKUでは「新製品にわくわくする気持ち」や「沸き立つ興奮」というものも大切にしています。

iphone

子供のように新しい製品にワクワクしても良いのです。したがって、未来のガジェットを妄想・空想する話題なども積極的に扱います。メーカーやプラットフォームのしがらみを超えて、とにかく素直に喜ぶ。それを表現し、共有することにも意義があると考えています。

Twin Design / Shutterstock.com

記事内広告禁止ポリシー

読者の皆様に記事内のリンクを気軽に辿って頂くことを優先事項と考え、Amazonアフィリエイトなどに代表される「アフィリエイトリンク」を本文に配置することを自主的に禁止しています。なお、2011年4月頃のサイト立ち上げ初期に執筆された記事については同ポリシーを適用する以前の記事がありますので、広告を含む数本の記事がございます。

PR記事を掲載する際には、「PR」である旨を、わかりやすい位置、わかりやすい大きさ、色で明確に掲示します。

コメントガイドラインのご案内

投稿されたコメントはコメントガイドラインに従って処理されます。宗教要素を含む書き込み、人種差別、過剰な人格否定等の表現は別の表現に置き換えるか、または削除等の編集を積極的に行っています。また、見ている人が極度に気分を害する書き込み等につきましても編集人裁定で編集・削除することがあります。

また、「投票機能」により、否定的な投票を数多く得たコメントは自動的に非表示になる仕組みが導入されています。

詳しくはコメントガイドラインをご覧ください。

管理者の公平性と独自性

ここで、大切な考え方をご紹介します。

管理者(編集人)は全メーカーオタクを標榜しています。特定メーカーにこだわりが無く、「ただ純粋にガジェット・電化製品が好き」という気質です。

携帯電話キャリアはドコモ、au、ソフトバンクモバイルの3社と全て契約中であり、いずれも長期契約者に該当します。

ゲーム機は任天堂オールド機種を始めとし、PS3、Xbox360/Xbox360エリート、Wii、ドリームキャスト、PSP、PlayStation Vita、ニンテンドーDS、ニンテンドー3DSなど(他多数)、こちらもメーカーにこだわっていません(※最近はほとんどゲームをしていませんが)。

また、液晶テレビ(BRAVIA・REGZA・AQUOS)、プラズマテレビ、プロジェクターを所有しているといった具合に、特定の技術方式にこだわることもしていません。つまり、この世に生み出された文化的、商業的製品をできる限り触れて楽しむというスタンスを「公平性」と呼び、GGSOKUではそれを大切にしています。

その一方で、様々な機種・メーカーに触れる中で管理者自ら感じた事柄を、強調したり、注釈を加えたりする「独自性」があります。しかしながら、それらの独自性は特定メーカーに肩入れしている結果から来るものではないということをご承知頂けると幸いです。

携帯電話キャリアの障害情報について

弊サイトは複数人ライター体制で運営しておりますが、携帯電話ネットワークの稼働状況を24時間365日監視することは不可能であり、すべての時間帯におきまして満遍なく速報が出せる状況にないことをお詫びいたします。

また、ライター同士の会合などにより、ライター陣全員が不在にしている場合などもありますので予めご理解いただきますようお願い致します。

弊サイトは障害が発生していることの周知を目的としており、特筆すべき理由がない限りは「障害が進行中」のもののみを扱います。また、障害報を出す際には、キャリアからの公式発表かライターが複数人確認した場合に掲載されます。複数人確認する理由としましては、単なる1つの基地局の障害に過ぎない可能性があるためでございます。またライターの居住地の都合上、北海道・東北・中部・四国・九州の一部ではライター自身の確認ができない状況でございます。

なお、ソフトバンクモバイルにつきましては、障害発生中に告知をしないという状況であり(2013年5月30日現在)、ライターによる確認のみが唯一の障害発生確認手段となっております。同社における特殊性につきましては、弊サイトではなく監督省庁(総務省・消費者庁)などに直接お問い合わせ下さい。

時には、毒も良薬になる

管理者(編集人)は、全てのメーカー・製品には必ず良し悪しがあるという考えを持っています。したがって、俗な面白み要素でもある「毒の効いた煽り」「特定のメーカー・製品を批判する流れ」等も積極的に扱うことがあります。

ネタ投稿・記事執筆依頼

各種ネタ投稿や記事の執筆依頼も随時受け付けております。お問合せページから専用のフォームにてご連絡下さい。お問合せ頂いた内容は、掲載しておりますプライバシーポリシーに従いまして厳重に扱わせて頂きます。

サイト案内

お問合せ

Special Thanks

Powerd by Wordpress