Googleの自動運転システムには世界がこう見えている

Googleの自動運転システムには世界がこう見えている

米IdeaLab社のCEOであるBill Gross氏は1日(日本時間)、自身のTwitter上で、Googleの自動運転システム(以下、グーグル・カー)が収集している周囲の環境情報を可視化した画像を公開しています。  Google's Self-Driving Car gathers almost 1 GB per SECOND. Here's ...

 
 
 25

米イリノイ大学が革新的なカメラ・システムを開発 -昆虫の複眼を模倣

イリノイ大学のJohn Rogers氏らの研究チームはこの度、昆虫の眼の構造をヒントにした新たなカメラ・システムを開発しました。 この研究は国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency, DARPA)の支援を受けて成されたもので、2日付の科学誌「Nature」に掲載されています。 ミツバチやトンボなどの昆虫は、「個眼」と呼ばれる小さなレンズ体が集合した「複眼」という眼の構造を有しており、これにより一度に広大な範囲を視野に捉える...

米イリノイ大学が革新的なカメラ・システムを開発 -昆虫の複眼を模倣
 
 
 30

ウブロ、フェラーリをモチーフにしたウォッチ「MP-05」を発表

スイスの時計メーカーHublot(ウブロ)はこの度、スイスで開催されている腕時計の国際見本市「バーゼル・ワールド」の会場において、フェラーリ初のハイブリッドカー "LaFerrari" をモチーフにした腕時計 "MP-05" を発表しました。 このMP-05は手巻きのトゥールビヨンを採用した機械式腕時計で、50日のパワーリザーブが可能。これは同様の機構を搭載した機械式腕時計としては最長記録になるとのこと。 また、ケーシングや内部のギア機構の素材にはブラック・チタンや陽極酸化アルミニウムなどの先端材料が多用されており、見た目だけではなく細部へも神経が注がれています。 さらに、動力源...

ウブロ、フェラーリをモチーフにしたウォッチ「MP-05」を発表
 
 
 19

米IBM、ナノテク駆使のムービー「少年と原子」を公開

米IBMは30日、走査型トンネル顕微鏡(Scanning Tunneling Microscope, STM)により観察した画像を繋ぎ合わせることで構成したムービー "A Boy And His Atom(少年と原子)" を公開しました。   この動画は、基板上に炭素原子を配置・観察することで得られた250枚の静止画像を繋ぎ合わせることで構成されているとのことです。 注釈: 画像は東大ウェブサイト, RSCウェブサイトより引用 ここでSTMの原理について簡単に説明させていただくと、上図のように非常に先端の鋭い針を基板表面に極限まで接近させて電圧をかけると、「トンネル電流」と呼ば...

 
 
 30

Technity新設にあたってのご挨拶

お世話になっております、ライターのくまむんです。 この度、サイト改修に伴い本ページ「Technity」の編集長を拝命致しましたので、ご挨拶に代えて少し自己紹介などを書かせて頂ければと存じます。 出身は神奈川県で、現在は大阪在住の30歳です。学生時代は工業大学 - 工科系の大学院へと進み、新卒でインクジェット関係のベンチャー企業に入社、その後転職して某電機会社の研究所で主に空気改質/水処理のR&Dに携わっておりました。主な専門分野はナノテク全般・空気浄化技術・水処理技術といったところですが、浅く(?)広く色々な分野を勉強しておりますので、大抵の話題には対応可能です。 今回、Te...

 
 
 39