市販のスマホを3Dスキャナに変身させる新技術、マイクロソフトリサーチが開発

市販のスマホを3Dスキャナに変身させる新技術、マイクロソフトリサーチが開発

マイクロソフトリサーチが、市販のスマートフォンで3Dスキャニングが可能になる新技術「MobileFusion」を発表しました。この技術は、独自に開発した専用のアプリケーションを起動して対象を撮影すると、自動的に3Dオブジェクトに変換される レンズ等の外付けアクセサリを必要とせず、ネットに繋がっていない状況でも使用可能とのことです。開発者のPushmeet K...

 
 
 0

ムール貝が持つ強力な接着能力の分子メカニズムを解明 ―Science

ムール貝の優れた接着能力に関する分子機序を詳細に解明し、その原理を用いてより強力な接着剤を試作することに成功したとする論文がScience誌に掲載されています。 一般的に、物体を何かの表面に接着するためには様々な制約が存在します。例えば、ヤスリがけでザラザラになっていたり、水に濡れている表面にセメダインをつけてもなかなか定着してくれませんし、ポリプロピレンのような非極性材料では、専用に調製した接着剤が必要になってしまいます。 ところが、ムール貝を始めとするイガイの仲間は、高い塩分濃度...

ムール貝が持つ強力な接着能力の分子メカニズムを解明 ―Science
 
 
 0

太陽系外の褐色矮星でオーロラの発生を確認 ―Nature 

カリフォルニア工科大学やシェフィールド大学を中心とした国際研究グループが、褐色矮星では初となるオーロラの存在を確認したとする研究結果を、Nature誌に発表しています。 北極や南極で観測されるオーロラは、高エネルギーの荷電粒子が星を取り巻く磁場や大気と相互作用を起こすことで発生すると考えられており、これまでに木星や土星、海王星などでも存在が確認されています。 地球からおよそ18.5光年離れた位置にあること座の「LSR J1835+3259」は、自転周期が3時間ほどの褐色矮星で、木星とほぼ同じ大きさの天体です。この星の表面に周期的に強弱が変化するスポットが存在していることは以前から確...

太陽系外の褐色矮星でオーロラの発生を確認 ―Nature 
 
 
 0

ウガンダのチンパンジー、ミネラル摂取のために「土食」を習慣化

ウガンダに生息するチンパンジーが、生息環境の変化によって粘土を摂取する習慣を身につけたとする論文がPLOS ONE誌に掲載されています。 オックスフォード大学のVernon Reynolds氏らは、1990年からウガンダのブドンコで調査を行っており、その中でチンパンジーの食生活に劇的な変化が起こっていると報告しています。 ブドンゴでは、2000年ごろまでラフィアヤシを食するチンパンジーが観察されたものの、2005年ごろからタバコ農園の開墾のために森林が伐採されるようになると、そうした摂取行動が観察されなくなり、代わりに土を食べる行動が徐々に見られるようになったとのこと。 ラフィア...

 
 
 0

宇宙に漂うC60のシグナルを実験室で再現、星間物質の解析に大きな飛躍 ―Nature

宇宙空間で観測されるフラーレン(C60)のシグナルを実験室内で再現することで、議論の続いていた分子種の同定に成功したとする論文が、Nature誌に掲載されています。 1994年、欧州宇宙機関(ESA)宇宙科学部門のB. H. FoingとP. Ehrenfreundは、宇宙からやってくる「拡散星間バンド(diffuse interstellar band, DIB)」と呼ばれるスペクトル中に、フラーレンの吸収波長に近い2つのピーク(9577Åおよび9632Å)が含まれていると報告しました。 DIB自体の存在は、1919年にカリフォルニア大学のリック天文台が報告していましたが、当時は...

 
 
 0

不規則な睡眠パターンは乳がんリスクを増大させる ―Current Biology

乳がんと不規則な睡眠パターンとの関連性を実証したとする研究結果が、Current Biology誌に掲載されています。 睡眠の不規則性と乳がんの関連については、これまでにも様々な統計データを基に指摘されていましたが、両者の因果関係を示す直接的な研究結果は報告されていませんでした。 今回、エラスムス・ロッテルダム大学のGijsbetus van der Horst氏らは、乳がんを発症しやすくしたマウスに対して照明光を当てることで体内時計の進行を週あたり12時間遅らせ、1年間にわたって経...

不規則な睡眠パターンは乳がんリスクを増大させる ―Current Biology
 
 
 0