深宇宙探査機ニュー・ホライズンズ、本日20時50分ごろに冥王星へ最接近

深宇宙探査機ニュー・ホライズンズ、本日20時50分ごろに冥王星へ最接近

2006年に打ち上げて以来、およそ9年間にわたって宇宙空間を進んでいたNASAの深宇宙探査機「ニュー・ホライズンズ(New Horizons)」が、本日夜に冥王星へ最接近します。 NASAが13日に公開した冥王星の画像。 冥王星は、地球からおよそ 太陽系が誕生した当時の状態を維持していると考えられている「エッジワース・カイパーベルト(Edgewort...

 
 
 0

超伝導の高温記録更新か、−70℃で転移確認 ―独マックス・プランク研など

Natureは30日(日本時間)、ドイツのマックス・プランク研究所などのグループが、203K(−70℃)という高い温度での超伝導転移を確認したとするニュースを伝えている。 同研究所のMikhail Eremetsらは昨年12月、ダイヤモンドアンビルセル上に設置した10μm四方の硫化水素サンプルの電気抵抗が、190K(−80℃)以下・150万気圧以上の環境で急激に減衰するとした実験結果を報告(※1)。超高圧下に置かれた硫化水素が、比較的温度の高い領域で超伝導状態へ転移可能であることを実験...

超伝導の高温記録更新か、−70℃で転移確認 ―独マックス・プランク研など
 
 
 0

ビタミンB12の過剰摂取がニキビ症状を悪化させる

ビタミンB12の過剰摂取は、皮膚表面の細菌の働きを変化させることでニキビ症状を悪化させる原因になり得るとした研究結果が、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のグループによって報告されている。 思春期によく見られるニキビ症状は、皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴の内部に入り込み、そこに細菌が作用することで発生する。この時、皮膚表面の常在菌であるPropionibacterium acnes(プロピオニバクテリウム・アクネス, 俗に言うアクネ菌)が細胞炎症の原因となっていることは既に知られているが、その詳細なメカニズムについてはほとんど明らかになっていない。 Huiying Liらはまず、13...

ビタミンB12の過剰摂取がニキビ症状を悪化させる
 
 
 0

霊芝の肥満抑制効果をマウスで実証 ―Nature Communications

漢方薬に使われる「霊芝(レイシ)」の肥満抑制効果を、台湾の研究グループがマウスを使った実験で確認した。 長庚大学(Chang Gung University)のグループは、高脂肪食を与えたマウスのグループと、同じ食餌に霊芝から抽出したエキスを混ぜたものを与えたマウスのグループとで、体重変化を約2ヶ月にわたって観察。その結果、高脂肪食のみを摂取したグループでは平均体重が42gまで増加したのに対し、霊芝エキスを摂取したマウスのグループでは35gという結果となった。 両グループの腸内細菌を比較したところ、霊芝を摂取していたグループでは、そうでないグループに比べて腸内フローラのバランスが改...

 
 
 0

DNA中の「第7塩基」、哺乳類の体内で安定存在か ―Nature Chemical Biology

これまでDNAを中心とする生化学プロセスの中で一時的に生成すると考えられていたエピジェネティック修飾体が、哺乳類の体内に安定的かつ普遍的にに存在している可能性を示唆する研究結果が、ケンブリッジ大などのグループによって報告されている。 単一の受精卵から分化した細胞群は、全て同じDNAを持つにも関わらず、脳や心臓、筋肉、神経などの多様な組織へと発達してゆく。また、お互いに同一のDNAを持つ一卵双生児においても、生育環境によってしばしば身体的特徴に差異が現れることがある。 こうした組織発達の非対称性に関する詳細なメカニズムは長らく謎とされていたが、近年では「エピゲノム」と呼ばれるものの影...

 
 
 0

米海軍、空母上での電磁カタパルト試験映像を初公開

米海軍はこのたび、かねてより開発が進められていた電磁式カタパルト(EMALS)の艦上テスト映像を公開した。 現在、空母などの艦船から航空機が発艦する際に使われるカタパルトでは、油圧や空気圧を利用したシステムが普及しているが、より効率的かつ短距離射出が可能な電磁式カタパルトの開発が米国や中国などで進められている。 今回、空母ジェラルド・R・フォード(USS Gerald R. Ford)を使って行われたデモンストレーションを兼ねたテストでは、甲板上に設置された電磁カタパルトに4トンの試...

米海軍、空母上での電磁カタパルト試験映像を初公開
 
 
 0