スキニージーンズの着用で下肢に機能障害 ―オーストラリアで症例報告

スキニージーンズの着用で下肢に機能障害 ―オーストラリアで症例報告

スキニージーンズを着用したことで下肢に一時的な機能障害を引き起こしたとする症例が、オーストラリアのアデレード大学のグループによって報告されている。 22日付けのNeurology誌に掲載予定の論文によると、アデレード在住の35歳の女性が、スキニージーンズを着用した状態で数時間にわたってしゃがみながらの作業を行った後、帰宅する途中に転倒。その際、女性の下...

 
 
 0

彗星表面で休眠していたフィラエ探査機、7ヶ月ぶりの再起動に成功

欧州宇宙機関(ESA)は14日、電力不足のために休眠モードに入っていた彗星着陸船「フィラエ(Philae)」を、およそ7ヶ月ぶりに再起動させることに成功したと発表した。 Incredible news! My lander Philae is awake! http://t.co/VtzAQHx4zT pic.twitter.com/SZqnsnNpUZ — ESA Rosetta Mission (@ESA_Rosetta) 2015, 6月 14 フィラエは、昨年11月...

彗星表面で休眠していたフィラエ探査機、7ヶ月ぶりの再起動に成功
 
 
 0

野生のチンパンジーの「飲み会」を17年間にわたって追跡調査、京都大学など

アフリカに生息するチンパンジーたちの飲酒行動を、長期にわたって詳細に観察した研究結果が報告されている。 果物を発酵させることでアルコール飲料を作り出す技術は世界中に存在しているが、そうした自然発酵酒の一つとして、東南アジアやアフリカの熱帯地方ではヤシの樹液から作られるパームワイン(Palm wine)が広く愛飲されている。 今回の研究調査が行われた西アフリカのギニアでも、ラフィアヤシの先端付近にプラスチックの容器を設置し、そこに樹液を貯めて自然発酵させたパームワインが作られているが、そうした容器の設置場所に野生のチンパンジーたちが群がって「酒盛り」を行なう姿が、以前からたびたび目撃...

野生のチンパンジーの「飲み会」を17年間にわたって追跡調査、京都大学など
 
 
 0

ジャングルの中に突如現れた巨大な鏡、動物たちの反応は…

手付かずのジャングルの中に巨大な鏡を設置し、そこにやってくる動物達の様々な反応を観察した動画が、Youtube上に公開されている。 この動画は、フランスのフォトグラファーXavier Hubert-Brierre氏によるもの。撮影場所はアフリカのガボン共和国に広がるジャングルで、動物たちの生息場所に応じて複数のポイントで撮影を行っている。 動画を見てみると、種によって鏡に対する反応が様々に異なることがわかる。例えば、シルバーバック(成人のゴリラ)は、鏡像に対して威嚇行動をとったりパンチ攻撃を加えたりといった動作を見せるが、比較的小型なサルの仲間では、鏡像と自分の動作が一致しているこ...

 
 
 0

速報: Solar Impulse 2、名古屋空港に無事着陸 #SI2

昨日、有人ソーラープレーンとしては史上初となる太平洋横断に向けて中国・南京を出発した(過去記事)有人ソーラープレーン「Solar Impulse 2」が、日本時間の1日23時50分頃に名古屋空港に着陸した。 BREAKING: @andreborschberg successfully landed in Nagoya at 14:49 UTC, thanks to the support of Japanese authorities! pic.twitter.com/k95sisl6CX — SOLAR IMPULSE (@solarimpulse) 2015, 6月 1 ...

 
 
 0

米国で開発が進む超音速列車「ハイパーループ」、乗車賃はタダに?

米国の起業家イーロン・マスク氏が考案し、Hyperloop Technologies社(以下、Hyperloop社)を中心に開発が進められている超音速列車「ハイパーループ」について、英Wiredがこの列車の乗車賃が「無料」になる可能性があると伝えている。 Hyperloop社への出資を行っているJumpStartFund社のCEO・Dirk Ahlborn氏によると、ハイパーループの事業継続のために必要な利益を従来の交通機関のように全て切符代で賄おうとすると、同距離を飛行機で移動する場...

米国で開発が進む超音速列車「ハイパーループ」、乗車賃はタダに?
 
 
 0