世界一周中のSolar Impulse 2、太平洋横断の最長区間をスタート

世界一周中のSolar Impulse 2、太平洋横断の最長区間をスタート

太陽光のみを動力とした世界一周飛行に挑戦中のソーラープレーン「Solar Impulse 2」は31日(日本時間)、中国・南京を出発し、次の中継地であるハワイに向けた飛行をスタートした。 #Si2 took off at 6.39PM UTC for the epic #Flight7 across the #Pacific! Relive it:...

 
 
 0

「ビーフステーキトマト」の巨大化メカニズムを解明 ―Nature Genetics

トマトの特定の品種が他の品種よりも明らかに大きく成長するメカニズムを解明したとする研究結果が、米コールド・スプリング・ハーバー研究所のグループによって報告されている。 野生のトマトはベリーの実と同じくらいの小振りなサイズだが、長年に渡る品種改良の結果、現在では平均的なものでも手のひらサイズほどの大きさにまでなっている。中でも、16世紀初頭に初めてヨーロッパに持ち込まれた「ビーフステーキトマト(beefsteak tomato)」という品種は、一つの果実が500グラム近くにまで巨大化する...

「ビーフステーキトマト」の巨大化メカニズムを解明 ―Nature Genetics
 
 
 0

アウディ、植物由来のガソリン代替燃料「e-benzin」を開発

独アウディは25日(現地時間)、植物を原料とするガソリン代替燃料「e-benzin(イー・ベンジン)」を仏Global Bioenergies社と共同で開発したと発表した。 この燃料は、トウモロコシ由来のグルコースを発酵させて得られたイソブテンを化学処理によってイソオクタンに転換することで作りだされる。硫黄やベンジンなどの成分を含まず、オクタン価(RON)100とハイオクガソリン並の性能を実現していることから、高オクタンガソリンと同等のエンジン効率を発揮することが可能になるとしている。 今回のアウディの発表では言及されていないが、実車での走行検証レベルでどの程度まで実力を発揮できる...

アウディ、植物由来のガソリン代替燃料「e-benzin」を開発
 
 
 0

血液交換による「若返り」効果、先行研究と相反する傾向 ―Cell Metabolism

若い血液を年老いた個体に供給することで各種の生体機能が改善されるとする研究結果が近年相次いで報告されているが、そうした「若返り」のメカニズムに関して、これまでに知られている研究結果と異なる傾向を見出したとする論文が、ノバルティス・ファーマのグル―プによって報告されている。 近年、血液交換による「若返り」効果に関する研究結果が相次いで報告されている。この分野をリードしているハーバード大学のAmy Wagers教授らのグループは、2011年に年老いたマウスと若いマウスの双体結合(heterochronic parabionts)して4週間にわたる血液交換を行なったところ、老マウスにおいて...

 
 
 0

クジラの神経はバンジーロープのように伸縮自在 ―Current Biology

ブリティッシュ・コロンビア大学のWayne Vogl氏らはこのたび、大型のクジラが採餌行動を行う上で重要となる、特殊な神経構造を明らかにしたとする研究結果を発表しました。 ナガスクジラなどを始めとするヒゲクジラ亜目に分類されるクジラは、大きく開けた口の中に魚やプランクトンを入れ込んで濾し取る「突進採餌(lunge feeding)」と呼ばれる食事方法を行なっています。この時に飲み込まれる水の量は自分の身体の体積を超えるほどの量となりますが、そうした急激な膨張に体構造や神経なども追随する必要があります。 一般的に、生物の神経繊維は伸長にともなって機械的ダメージを生じますが、クジラは食...

 
 
 0

ウェルナー症候群の老化メカニズムを分子レベルで解明 ―Science

米ソーク研究所と中国科学院などの国際研究グループはこのたび、ウェルナー症候群の原因遺伝子とされるWRN遺伝子が細胞老化を引き起こすメカニズムについて、分子レベルで明らかにしたとする研究成果を発表しました。 ウェルナー症候群は、毛髪の喪失や皮膚の硬化といった加齢現象が早期に現れる「早老症」の中でも代表的な疾患で、米国における発症率はおよそ20万人に1人とされています。 これまでの研究により、ウェルナー症候群の原因は、「ウェルナー症候群RecQヘリカーゼ様遺伝子(Werner syndr...

ウェルナー症候群の老化メカニズムを分子レベルで解明 ―Science
 
 
 0