生命科学の記事一覧

2015年のノーベル生理学・医学賞、マラリアなどの伝染病に対する画期的治療法の発見に対して

ノーベル賞委員会は 日、2015年のノーベル生理学・医学賞を、William C. Campbell氏(ドルー神学校)、大村智氏(北里大学)、Youyou Tu...

直前予想: 2015年のノーベル生理学・医学賞、気になるテーマ4つ

科学研究において一年で最大のイベントとも言えるノーベル賞の発表が、本日の生理学・医学賞を皮切りに、5日間にわたって行われます。発表の直前ではありますが、国内や海...

DNA中の「第7塩基」、哺乳類の体内で安定存在か ―Nature Chemical Biology

これまでDNAを中心とする生化学プロセスの中で一時的に生成すると考えられていたエピジェネティック修飾体が、哺乳類の体内に安定的かつ普遍的にに存在している可能...

「ビーフステーキトマト」の巨大化メカニズムを解明 ―Nature Genetics

トマトの特定の品種が他の品種よりも明らかに大きく成長するメカニズムを解明したとする研究結果が、米コールド・スプリング・ハーバー研究所のグループによって報告さ...

血液交換による「若返り」効果、先行研究と相反する傾向 ―Cell Metabolism

若い血液を年老いた個体に供給することで各種の生体機能が改善されるとする研究結果が近年相次いで報告されているが、そうした「若返り」のメカニズムに関して、これま...

ウェルナー症候群の老化メカニズムを分子レベルで解明 ―Science

米ソーク研究所と中国科学院などの国際研究グループはこのたび、ウェルナー症候群の原因遺伝子とされるWRN遺伝子が細胞老化を引き起こすメカニズムについて、分子レ...

ニューヨーク州でチンパンジーの「人権」を認める判決がくだされる

ニューヨーク州高位裁判所はこのたび、大学で研究のために飼育されている二頭のチンパンジーが、不当な勾留を受けている可能性があるとした決定をくだしました。 ...

国際研究グループが未知の多能性幹細胞「Fクラス」樹立、細胞リプログラミングの詳細解明も

カナダ・マウントサイナイ病院のAndras Nagy氏らを主幹とする幹細胞研究の国際コンソーシアムはこのたび、体細胞の初期化(リプログラミング)過程を詳細に...

藻類由来のウイルス、人間への感染で認知機能を低下させる可能性 ―PNAS

池や湖沼に生息している藻類を宿主としているウイルスが生きた人間の体内から初めて検出され、さらにこのウイルスによって認知機能の低下がもたらされている可能性があ...

「やせる腸内細菌」は宿主の遺伝子に強い影響を受ける ―Cell

近年、肥満や様々な疾病に腸内細菌が深く関係していることが徐々に明らかになってきていますが、そうした腸内細菌のパターン(細菌叢)は、生活環境、特に食事内容が変...

ヒトES細胞を使った米国の網膜再生治験、22ヶ月後の結果は「安全かつ有望」

米国でおよそ2年前に行われた、ヒトES細胞を用いた網膜再生治験の経過を報告した論文が、医学誌The Lancetに掲載されています。治験の結果は「安全かつ有...

エピソード記憶に伴う神経活動は海馬内部にインデックスされている: 40年前の仮説を実証

特定の体験によって生まれる記憶の情報は、海馬内部に存在する細胞群の神経活動パターンとして記録されているということが、カリフォルニア大学デービス校の田中和将氏...

2014年のノーベル生理学・医学賞発表、脳内で空間把握を司る細胞の発見に対して

ノーベル賞委員会は6日、2014年のノーベル生理学・医学賞を、John O'Keefe博士(ロンドン大学:University College London...

エイズの世界的流行、起源は1920年代のコンゴ・キンシャサ ―Science

世界的なエイズ流行を引き起こしたHIVの発生起源が、1920年代のコンゴ共和国の首都キンシャサ (Kinshasa) であることを明らかにしたとする研究結果...

笹井芳樹博士が科学界に遺した、偉大な業績まとめ

2014年8月5日、理化学研究所の笹井芳樹博士が亡くなりました。テレビや雑誌、ウェブニュースなどでも盛んに報道がなされていることから、ご存知の方も多いことで...