化学の記事一覧

2015年のノーベル化学賞、DNA修復機構の発見に対して

ノーベル賞委員会は7日(日本時間)、2015年のノーベル化学賞を、Tomas Lindahl氏(フランシス・クリック研究所)、Paul Modrich氏(デュー...

ムール貝が持つ強力な接着能力の分子メカニズムを解明 ―Science

ムール貝の優れた接着能力に関する分子機序を詳細に解明し、その原理を用いてより強力な接着剤を試作することに成功したとする論文がScience誌に掲載されていま...

折り曲げ可能で高耐久・高速充電対応のアルミニウムイオン二次電池を開発 ―Nature

折り曲げ可能かつ高耐久で、リチウムイオン電池やその他の二次電池を代替可能であるアルミニウムイオン電池を新たに開発したとする論文が、米スタンフォード大学のMi...

グラフェンを用いて「水の二次元結晶」作製に成功 ―Nature

炭素原子が平面状につらなった「グラフェン」を用いることで、室温下で水分子が高秩序に配列した二次元結晶の作製に成功したとする報告が、独ウルム大学や英ラザフォー...

織物にも使える「光る繊維」を開発 ―Nature Photonics

復旦大学のZhitao Zhang氏らはこのたび、直径およそ1mmほどで織物などにも使用可能な「発光する繊維」を開発したとする研究成果をNature Pho...

ケイ素版フラーレン「Si20」の合成に成功: 室温・ワンステップで ―Angewandte Chemie

20個のケイ素原子からなる「Si20」フラーレンの合成に成功したとする研究成果が、ゲーテ大学フランクフルト・アム・マインのグループから発表されました。この成...

あらゆる表面に堅固な撥水コートを付加できる液材を開発 ―Science

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのYao Lu氏をはじめとする国際研究グループが、布や紙、ガラスなどのあらゆる表面に超撥水性にすることで、自己洗浄機能を付...

金属ナトリウムと水の接触爆発、反応のきっかけは急激な電荷反発 ―Nature Chemistry

ナトリウムやカリウムなどのアルカリ金属が水と接触することで爆発的な反応を起こすことは、高校の化学でも習う比較的よく知られた現象ですが、このたび、チェコ科学ア...

「雨の匂い」が発生するメカニズムを高速度撮影により解明 ―Nature Communications

雨が降りだした時に地面から独特の「匂い」が立ち上ってくるのを感じた事がある方は少なくないのではないかと思いますが、このたび、マサチューセッツ工科大学(MIT...

これは凄い!透明・超軽量を両立したスーパーエアロゲル、京大研究者が開発

京都大学大学院理学研究科の早瀬元博士らはこのたび、上に置いた物体があたかも空中に浮遊しているかのように見える透明・超軽量なエアロゲル「BNF(ベーマイトナノ...

4KウルトラHD対応カメラで撮影した、超美麗な化学反応の映像

4K画質で化学反応が進行する様子を収めたムービーがあまりにも美しかったので、ご紹介します。 これは、中国科学技術大学と清華大学のグループが共同で始めた...

2014年のノーベル化学賞が発表、超高解像度の蛍光顕微鏡開発に対して

ノーベル賞委員会は8日、2014年のノーベル化学賞を、ハワード・ヒューズ医学研究所のEric Betzig氏、マックプランク研究所のStefan W. He...

意志を持つかのように迷路を進む液滴、チェコの研究者がデモを公開

迷路の中の2つ地点に異なる液体をたらすと、一方の液滴がまるで意志を持つかのようにゴール地点に向かって移動をしてゆく…。そんな不思議な実験の様子を収めた映像が...

京大が「ナノ炭素リング」を開発…ナノ炭素ボールに続く新たな炭素材料 ―JACS

京都大学の山子教授らの研究チームが、六角形のベンゼン環が5つ「リング状」に繋がったナノリング構造体の化学合成に成功しました。本日付の日経産業新聞、日刊工業新聞に...

筑波大、超安定なベンゼンを分解する手法を世界で初めて発見 ―Nature Communications

筑波大学の関口教授らによる研究グループはこのたび、超安定な化合物・ベンゼンの分解反応が温和な条件下でも進行することを見出したとする研究結果を発表しました。本成果...