生物の記事一覧

オウムガイの希少種、30年ぶりに生きた姿を撮影

「生きた化石」と呼ばれるオウムガイの仲間でも、これまでに生きた状態での目撃例がほとんど報告されていないヒロベソオウムガイ(Allonautilus scrobi...

ウガンダのチンパンジー、ミネラル摂取のために「土食」を習慣化

ウガンダに生息するチンパンジーが、生息環境の変化によって粘土を摂取する習慣を身につけたとする論文がPLOS ONE誌に掲載されています。 オックスフォ...

野生のチンパンジーの「飲み会」を17年間にわたって追跡調査、京都大学など

アフリカに生息するチンパンジーたちの飲酒行動を、長期にわたって詳細に観察した研究結果が報告されている。 果物を発酵させることでアルコール飲料を作り出す...

ジャングルの中に突如現れた巨大な鏡、動物たちの反応は…

手付かずのジャングルの中に巨大な鏡を設置し、そこにやってくる動物達の様々な反応を観察した動画が、Youtube上に公開されている。 この動画は、フラン...

クジラの神経はバンジーロープのように伸縮自在 ―Current Biology

ブリティッシュ・コロンビア大学のWayne Vogl氏らはこのたび、大型のクジラが採餌行動を行う上で重要となる、特殊な神経構造を明らかにしたとする研究結果を...

孔雀は人間の耳に聞こえない「大騒音」を作り出している

極彩色の羽根を大きく広げる孔雀のディスプレイ行動は、鳥類のなかでも特に目を引く壮観なものですが、このたび、マニトバ大学のAngela Freeman氏とJa...

カメレオンの色変化は皮膚内部のフォトニック結晶によるもの ―Nature Communications

カメレオンは周囲の状況に合わせて体の色を様々に変えることが出来ますが、このたび、そうした体色変化は従来考えられていた色素によるものではなく、皮膚の下に存在し...

マグロが深海で心臓麻痺を起こさないメカニズムを解明

深さ数百メートルの海の中を高速で泳ぐマグロは、非常に過酷な温度変化にさらされますが、そうした状況にあっても彼らが心臓マヒを起こさずに泳ぎ続けられるメカニズム...

生まれたてのヒヨコも、左から右に数が増えるのを自然と感じる ―Science

多くの人が左から右に向かって数字が増加してゆく流れを自然なものと感じるのと同様に、生まれて間もないヒヨコもまた、空間的に左から右に向かって数が増えてゆくパタ...

犬は飼い主が喜んでいるのか怒っているのか、表情のみから認識できる ―Current Biology

人間に飼育されている犬は、飼い主が怒っているのか喜んでいるのかといったことを表情の違いから認識することが可能であるとした研究結果が、ウィーン獣医大学(Uni...

体の中が凄まじいことに…食事中のハムスターをレントゲン撮影した映像

英BBC放送が、食事中のハムスターをX線で撮影した衝撃的な映像を公開しています。 この動画は、BBCの動物番組「Pets - Wild at Hear...

サルは「鏡の中の自分」を認識することができる ―Current Biology

鏡に写り込んだ自分の姿が「自分であること」を認識できるのは人間だけであると考えられていましたが、このたび、サルにも同様の認知能力が備わっていることを実験的に...

カラスは「アナロジー思考」ができる ―Current Biology

直接的な結びつきのない現象同士を比較・類推する「アナロジー」的な思考法。サルや人間などにのみ備わっているものと考えられていたこの機能が、実はカラスにも備わっ...