中国FoxconnがiPhone5製造ために2万人の工場労働者を雇用し始めたと、iMoreがChina Newsの情報を伝えています。

 それによると、iPhone5の生産台数は今年だけで約5700万台にのぼるとみられており、約2万人の深刻な人手不足に直面しているとのことです。

 そこで、Foxconnは生産ライン構築に必要な人員を集めるために20回以上のジョブフェアを開催しており、路上の看板、駅、バス内広告などはFoxconnの求人広告で埋め尽くされている模様です。なお、採用基準としては高水準の教育レベルを有した16歳~40歳との情報があります。

[iMore]

 (3月下旬から2万人の雇用を開始したとのことで、やはり7月発売ではなく10月発売説が濃厚になったように思えます。)

画像=iPhone5のイメージ