ウォール・ストリート・ジャーナルの速報によると、韓国・ソウル中央地裁は24日、米アップルが韓国サムスンの特許2件を侵害したとしてiPhone 3GSとiPhone 4、iPad第1世代と第2世代に対して、販売差し止め命令を下しました。同時に35,000ドル(約274万円)の罰金が科せられるとのことです。

販売差し止めの対象となる旧製品も一部併売されていますが、現行モデルであるiPhone 4SとiPad第3世代は対象外であるとのこと。今回、アップルによる侵害が認められた特許は、データの分割転送に関する技術。

[WSJ via THE VERGE]