Gizmodo英語版は15日、中国からの情報としてiPad miniに採用されるといわれる液晶ディスプレイ部品の画像を公開しました。その画像によると、iPadでお馴染みのアスペクト比4:3ではなく、iPhone5で新規採用されるとみられるアスペクト比に非常に似た比率を保っています。

画像を見る限りでは16:9のアスペクト比になっているか定かではありませんが、縦長(画像では横長)になった印象を受けます。この部品が確かなものかは判明していませんが、仮に本物だった場合、iPad miniが「iPod touchの巨大版」というにわかに信じがたい噂が現実味を帯びてきます。

とはいえ、iPadシリーズも新しいアスペクト比に移行する可能性も否定できませんので判断が難しいところです。

iPhone / iPod touchシリーズは16:9に移行&iPadは4:3を維持するのであれば、やはりiPad miniはiPod touchの巨大版なのかもしれません。果たして、真相は?

[GIZMODO via Cult of Mac]