Phone Arenaは19日(現地時間)、HTC 8X(開発コードAccord)の新たな本体写真を公開しました。この端末は米移動通信大手ベライゾン(CDMA陣営)向けのものであると見られており、4G LTEに対応するモデルであることが写真から判明しています。


背面部分が公開されたのは今回が初めて。背面には「htc」のロゴに加えてベライゾンと4G LTEのロゴがかなり大きく印字されています。本体下部にはスピーカー用とみられるメッシュ加工がなされており、本体上部には電源ボタンと思われるものが少し大きめに配置されているようです。

今回のモデルはプレス画像として公開された「紫色モデル」と同じように見えますが、どうやら背面を見る限りでは青色に近いようです。ただし撮影環境が不明ですので、実際は紫色である可能性もあります。

事前の噂では4.3インチディスプレイ(1280×720ドット)、1.5GHz駆動デュアルコアSnapdragon S4といったスペックが噂されています。

なお、発表は本日開催予定のメディアイベントで行われる見込みです(日本時間20日午前0時)。

[Phone Arena]

この記事は 名無し様 よりネタ投稿を頂きました!
ありがとうございます。