アマゾンは24日、同社の電子書籍端末Kindleを日本国内で販売開始した。既にウェブサイト上で予約が開始されており、Kindle Fire、Kindle Fire HD、Kindle Paperwhiteの3機種がラインナップされている。発売日については、Kindle Paperwhiteは11月19日発売、Kindle FireならびにKindle Fire HDは12月19日販売となる。

Kindle Paperwhiteは暗所でも使えるライトが付いた電子インク端末。日本発売にあたり3Gモデルも準備される。3Gモデルは別途契約などが必要なく、初期購入の値段差で3G回線を利用できるのが特徴。Wi-Fiモデルは8480円、3Gモデルは12800円となる。

Kindle FireならびにKindle Fire HDは液晶ディスプレイを採用した電子書籍ならびにエンターテイメント端末。従来よりもスペックが大幅に向上しただけでなく、Kindke Fire HDは1280×800ドット表示に対応した液晶ディスプレイを備える。今回販売が開始されたのは7インチモデルで、上位版の8.9インチモデルはアナウンスされていない。

Kindle Fireは12800円。Kindle Fire HDは16GBモデルが15800円、32GBモデルが19800円となる。

予約は1人につき3台まで。電子書籍ストアの正式オープンは10月25日。

[Amazon.co.jp]