NTTドコモは11日、世界初となるIGZO液晶を搭載した省エネパワーと高画質を実現したスマートフォン「AQUOS PHONE Zeta SH-02E」を正式発表した。発売時期は11~12月を予定。

AQUOS PHONE Zeta SH-02Eは、シャープが製造するAndroidスマートフォン。4.9インチの大画面に次世代ディスプレイ技術「IGZO」を正式採用。さらに2,320mAhの大容量バッテリーを搭載したことで、連続駆動時間を大幅に向上した。また、IGZOの特性を活かした「ペン入力」に対応。認識精度と応答性が高く、手書き入力も自在に行えるとしている。4.9インチの大画面ながらも横幅は68mmを実現。横ベゼルを細くすることで端末のサイズを抑えることに成功した。

カメラには1,630万画素のセンサーを採用。光学式手ぶれ補正、電子式手ぶれ補正、音声反応シャッターの3点で手ぶれを徹底的に排除する。


CPUには1.5GHz駆動クアッドコア(Snapdragon S4 APQ8064)を採用。2GB RAM、内部ストレージ32GBと非常に高性能なのも特徴。おサイフケータイ&NFCの両対応、ワンセグ、NOTTV、赤外線通信といった日本で人気の機能は一通り網羅している。

搭載OS Android 4.0
画面 4.9インチ IGZOパネル
解像度 1280×720
CPU 1.5GHz クアッドコア
APQ8064
RAM 2GB
内部ストレージ 32GB
背面カメラ 1630万画素
前面カメラ 120万画素
LTE通信 対応 最大100Mbps
Bluetooth Bluetooth 4.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
おサイフケータイ 対応
ワンセグ 対応
NOTTV 対応
NFC 対応
赤外線通信 対応
DLNA DTCP-IPに対応
バッテリー 2,320mAh
サイズ 135(H)×68(W)×9.8(T)mm
重さ 約150g

[impress ケータイWatch]