HTCは27日(現地時間)、主にアジアとヨーロッパ圏で販売されている国際版「HTC One X」に対して、Android 4.1(Jelly Bean)のOSアップデートを実施しました。

コードネーム「Jelly Bean」を引き継ぐAndroid 4.2がまもなく発表されるとはいえ、4.0(ICS)が未だに配布されない端末が存在する日本の事情を鑑みると羨ましくなるほどです。そもそも、世界的に見ても4.1の配布自体がほとんど行われていないので、HTCの動きが速いとみて良いかもしれません。

[Android Central]