アップルが提供するメッセージングサービス「iMessage」で、再び障害が発生しているようです。日本国内からも不調を訴える声があがっており、世界的規模の障害であると見られます。

 

 

iMessageでセキュリティ関連の脆弱性が指摘されて以後、なんらかの調整を行っているとみられるiMessageですが、その辺りから障害が頻発するようになりました。メッセージングサービスは連絡手段としては重要な機能だけに、安定した運用が望まれるところです。

すでに累計3000億ものメッセージがやり取りされているiMessageですが、そのインフラを支えるのは容易ではないのかもしれません。ノウハウを蓄えて、早期に安定運用できることを願いたいものです。

2012/10/26 12:33 GMT+9
最新の情報によると、今現在は復旧していることが確認されたようです。この件に関して公式の案内がされておらず、不具合の範囲・原因・復旧の度合い等については分かっておりません。

[9to5Mac]