米CNBCは14日(現地時間)、ソフトバンクが米スプリント・ネクステルの株式を70%取得することで合意したと報じた。費用は200億ドル(約1兆5600億円)。両社の取締役会が承認し、日本時間の今日にも正式に発表される見込み。

70%の株式を取得することで経営権はソフトバンク側に移る。スプリントからは80億で、市場から買い取る規模は120億ドルとなる。半年以内の買い付けを目指す予定だ。

この買収により、総契約者数9000万件を超える世界的な携帯通信グループが誕生する見込み。米スプリントはクリアワイヤの買収も検討しているが、日本時間の今日に発表される内容には含まれないとのこと。

[CNBC]