ソフトバンク株式会社は12日、米移動通信大手スプリント・ネクステルを買収する報道がなされた件に関して、「協議をしていることは事実」と認めるプレスリリースを発行しました。

日本経済新聞やNHKニュースが速報で報じたニュースですが、今日未明にはスプリント側が認めるコメントをロイターなどに対して行っており、経営権に影響する可能性も示唆していました。従って買収を含めて多数のプランを検討しながら協議を行っているものとみられます。

報道によると、買収額は1兆円を超える規模であり、状況によっては日本企業による米国企業買収では過去最大の買収額になるとされています。仮に買収が実現した場合、総加入者数9000万件を超える世界的通信会社が誕生することになります。

[ソフトバンク]