TNWは29日(現地時間)、同日開催された米マイクロソフトのWindows Phone 8ローンチイベントにおいて、同社のバイスプレジデントを務めるジョー・フィオーレ氏が「AndroidはiOSのパクリである」と揶揄したことを伝えています。

一連の流れにおいて、「発表当時、iPhoneのUIデザインは珍しく、産業界にインパクトを与えた」とアップルの功績を認めた上で、「AndroidはiPhoneのインターフェースをコピーしている」とグーグルをけん制。さらに、iOSとそれをコピーしたAndroidのUIは「停滞期」にあると発言しました。

Windows Phone 8はライブタイルなどの最新UIを搭載しており、iOSはもちろんのこと、そのコピー品であるAndroidよりも優れているとしています。

なかなかアグレッシブなイベントだったようですが、スマートフォンの王者を巡ってマイクロソフトが口火を切った形となります。

[TNW]