CNETは31日(現地時間)、アップルが米国証券取引委員会に提出した年次報告書の内容を紹介しており、同社が2013年度には30~35の小売店舗(アップルストア)を新たにオープンする予定であると伝えています。そのうち約4分の3は米国外の店舗になるとのことです。

最近では、中国・北京にアジア最大級のアップルストアがオープンしたばかりです。日本では北海道、宮城、東京、名古屋、大阪、福岡に合計7店舗展開されていますが、はたして計画に日本の新規店舗は含まれているのでしょうか。

アップルストアを利用しようにも距離的に離れすぎているといった声も少なくなく、新規出店が期待されます。

[CNET]