ブルームバーグは1日(現地時間)、英国裁判所がアップルに対して、同社が26日掲載したサムスンへの謝罪文を24時間以内に修正するよう命じたと報じています。

英国において、GALAXY Tabに対するデザイン特許訴訟はサムスン側の全面勝利に終わりました。その結果、英国裁判所はアップルに対し、公式ウェブサイトで「サムスンによる模倣は無かった」とする謝罪文の掲載を求めており、先月26日にアップルはそのメッセージを掲載しました。

ところが、ただでは起きないアップル。謝罪どころか「Galaxyはクールじゃない」とする裁判官のコメントを引用した上で、「他国では勝訴している」との内容で文章を締めるなど、なかなか “元気” な内容を掲載したことが話題になっていました。

当然ながら英国裁判所はこのことに怒り心頭。「アップルのような企業がこのようなことをするとは、途方に暮れている」と、裁判官のRobin Jacob氏は呆れた旨をコメントで述べています。英国裁判所はこのようなアップルの対応に対して、24時間以内に当該ページの修正を命じました。

今度はどのような文章になるのか非常に注目されますが、またしてもただでは起きない気がしてなりません…。

[ブルームバーグ via 9to5Mac]