米ウォールストリートジャーナルのハイテクメディアAllThings Dは情報筋の話として、米国時間の12日夜にもGoogle mapsのiOS版がリリースされると報じている。日本時間の夕方までにはリリースされる模様だ。

Google mapsのiOS版は、iOS 6からアップルの独自地図「Apple Maps」が採用されたことに伴い、Google mapsベースの地図アプリがiPhoneなどのiOS端末から利用できなくなった為に急遽開発された。

グーグルは数週間前にすでに最終の仕上げを行っていたとみられている。騒動から約2か月半。年内にリリースされると報じられていたが、ついにリリースされることになりそうだ。

[AllThings D]