読売新聞朝刊は30日、NTTドコモが来年にも新OSを搭載したスマートフォンを発売すると一面で報じている。新OSはAndroidとは違い、韓国サムスンと米インテルが主導して開発を進める「Tizen」を採用。サービスも独自展開するとのこと。

現在、スマートフォン向けOSを巡っては、米グーグルのAndroidと米アップルのiOSが約9割のシェアを獲得しており、特にドコモはAndroid端末をメインに販売している関係からグーグルの戦略に左右されやすい状況にある。

同紙によると、サムスンが来年に発売する端末を日本にも導入する見通しであるとのこと。ドコモ向けにカスタマイズされた端末が導入されるとみられる。

この記事に関しては 匿名様からもネタ投稿をいただきました。
ありがとうございます!