日本経済新聞は5日、NTTドコモが、4月に折り畳み型の2画面搭載スマートフォンを発売すると伝えています。メーカーはNECカシオモバイルコミュニケーションズで、2画面のスマホが発売されるのは国内初となります。

 

※画像は京セラ製Kyocera Echo

2つの画面はそれぞれ4インチ台の液晶で、別々の目的で使用することも、1枚の大きな画面として使用することも可能とのこと。

2つの画面の間の枠は数ミリメートルで、合わせると6インチ程度となります。これはNexus 7などの小型タブレットより更に一回り小さい大きさである一方、今年トレンドになると思われるスマホと同じ程度の大きさになります。

また、このスマホは折り畳みが可能で、4インチ級のスマホとして持ち運びができるのが特徴です。

折り畳みで2画面といえば、ソニータブレット「Pシリーズ」が思い浮かびますが、大画面と携帯性を両立した独自性のあるタブレットとして話題になりました。

また、国内では発売されていませんが、京セラは2011年春に米国向けに2画面スマートフォンを発売しています。

このタイプのスマホやタブレットではその利便性が重宝される一方、メーカーが提供するアプリ以外での2画面使用が不便な場合や、2画面搭載による消費電力の増大などが指摘されることがあります。現在は試作段階ということですが、どのような端末が発売されるのでしょうか。続報に期待です。

[日本経済新聞]