NTTドコモの加藤社長は30日の決算会見の席上で、同社のLTE通信方式「Xi」の下り速度を2013年度中に最大150Mbpsに引き上げると発表しました。

 emunoki_img_110514_05

ドコモのXiは最初2.1GHz帯を利用して下り通信速度37.5Mbps(一部地域は75Mbps)でスタートしました。その後2012年11月より800MHz帯と1.5GHz帯を追加し、Xiの通信速度を一部地域で最大112.5Mbpsまで高速化しました。

今回、ドコモは1.7GHz帯の40MHz(上り、下り共に20MHz幅の合計)を3G通信(FOMA)からXiに割り当て、下り通信速度150Mbpsを実現する計画とのことです。またドコモに割り振られた1.7GHz帯は東名阪での利用に限られていますが、総務省はこの限定を解除することも検討しているとのこと。

他のキャリアの状況を見るとドコモと同様にLTE通信の高速化を予定しており、auは2013年12月までには下り通信速度を112.5Mbpsへ引き上げ、2014年3月には通信速度を150Mbpsまで高速化させると発表しています。またイー・アクセスも1.7GHz帯の追加割り当てを受け次第通信速度を150Mbpsへと高速化させる予定です。

ドコモのXiはいまだ多くの地域で下りが37.5Mbpsの通信速度でサービスが行われていることから、その通信速度が150Mbpsに引き上げられれば他キャリアのLTE通信サービスに引けをとらないスペックとなります。ドコモのXiはLTE通信サービスとしては一番早く開始されたものの、その通信速度には不満の声も上がっていました。ですので、今回のXiの高速化がどれだけのスピードで全国に展開されるのかが注目されます。

[ITmedia]