The China Timesは3日、iPhoneに携わるサプライヤーの情報として、iPhone5S向けに新しいタッチパネル技術「Touch on Display」を採用する可能性を示唆しました。

現在、iPhone 5では、液晶パネルとタッチパネルが一体化された「イン・セル型」が用いられていますが、主に斜め方向に高速スワイプをすると無反応になる「タッチ無反応問題」の原因になっているのではないかとも言われています。

アップルは代替手段として、台湾Innolux(旧:Chimei Innolux / CMI)が開発した「Touch on Display」技術を新たにテストしているとみられ、特に問題がなければそのまま採用される可能性が出てきました。この技術方式はタッチ感度の良さと薄さの両方を兼ね備えているとみられています。

イン・セル型を採用することで高画質化・軽薄化を実現したiPhone 5ですが、新しいTouch on Display技術を採用しても、その利点をコンマミリ単位で変わらず維持できるのか注目されます(※薄さに関しては0.1mm単位で追求されるため)。

[The China Times via Apple Insider]