KEEPSKORの創設者であり、Forbesの寄稿者であるTristan Louis氏は、ノキアはモバイル事業をマイクロソフトとHuaweiに売却するだろうと語ったとBGRは伝えました。

 Tristan Louis氏は、ノキアの市場での努力は無駄に終わり、ノキアのスマートフォンビジネスからの離脱は2013年の大きなニュースになるだろうと語りました。ノキアはソフトウェアビジネスに集中するために、モバイル事業をマイクロソフトとHuaweiに売却するだろうと語っています。

ただし、BGRはこの予想を根拠に基づかない曖昧な予測だと考察しています。

ノキアは12月に本社ビルを売却するなど経営難が伝えれていますが、11月には欧州市場でフラッグシップ端末「Lumia 920」を発売しその好調な売上が伝えられています。さらに、12月には中国市場でWP8搭載端末「Lumia 920T」を発売するなど発表するなど明るいニュースもあります。かつての携帯電話業界の王者がこのままモバイルビジネスから引き下がってしまうとは信じたくないものです。

[BGR]