日本経済新聞は16日、BCNが発表した2012年の年末商戦動向の情報として、12月度のスマートフォンの販売シェアでNTTドコモが1位の48.8%を獲得したと伝えています。

スマートフォンのメーカー別では米アップルの「iPhone」が32.1%で1位、タブレットではASUSの「Nexus 7」が44.4%でトップになったとのことです。

スマホの販売台数シェア

  10月 11月 12月
NTTドコモ 29.5% 31.5% 48.8%
au 34.5% 34.0% 29.8%
ソフトバンク 35.4%  34.0% 20.6%

ドコモはiPhone 5が発売された直後の2012年10月、同11月にはシェア3位と低迷に苦しみ、5年ぶりに契約数の純減を経験しました。しかし冬モデルが揃った同12月には販売が回復し、シェア48.8%を獲得して首位になりました。

メーカー別スマホの販売台数シェア

  10月 11月 12月
アップル 56.9% 52.0% 32.1%
シャープ 10.1% 11.1% 19.3%
ソニー 5.6% 11.7% 11.9%

アップルは、iPhone 5が発売された直後の10月・11月には過半数を超える圧倒的なシェアを獲得しました。12月にはシャープのAQUOS PHONE ZETAが好評を得て、週販で連続1位を獲得するなどシェアを伸ばしましたが、キャリアや容量を統合した集計ではiPhone 5を脅かすには至りませんでした。

タブレット販売台数シェア

  10月 11月 12月
ASUS 36.5% 32.4% 44.4%
アップル 39.6% 51.8% 40.1%

「Nexus 7」と「iPad mini」も発売直後は極度の品薄でしたが、Nexus 7は徐々に供給が追いつき12月にはシェアトップになりました。なお、iPadが他タブレットに首位をを明け渡したのは初めてとのこと。

 20121113-NEXUS-7-IPAD-MINI-013edit-660x440

スマートフォンにおける年末商戦の主役がiPhone 5であったことは、32.1%という一つ頭が飛び抜けたメーカーシェアを見ても間違いないでしょう。一方タブレット市場では、Nexus 7が発売直後からiPad陣営と互角の戦いを繰り広げているのが目につきます。長らく、タブレット端末として盤石のブランドを築いてきたiPadですが、iPadの半額程度で買えるNexus 7の猛追をかわすことはできるのでしょうか。

[日本経済新聞]