The Next Webは26日(日本時間)、ソニーがFirefox OSの端末開発に参入することを報じている。

Firefox-Bubbles

記事によると、ソニーは、AndroidやWindows Phoneと比べてよりオープンで制限のないデバイスに注力してゆくことで成長市場におけるユーザー取り込みを狙っているとしており、さらに、Bob Ishida CEO代理のコメントとして、ソニー社内では来年の製品リリースを目指して既にHTML 5エンジニアにより開発が始まっていると伝えている。

昨日、スペインで開催されているMWC 2013の会場でLG、Huawei、ZTE、Alcatelaの4社がFirefox OSの端末開発に参加することを明らかにしたが、ここにソニーが加わることで、初期参入メーカーは計5社となる。

[The Next Web]