日本経済新聞は7日、2月末時点の各キャリアの携帯電話・PHSの契約数を伝えている。

各キャリアの純増数は、NTTドコモが143,400件、KDDIが212,700件、ソフトバンク・モバイルが255,300件となった。ソフトバンクは純増数で14ヶ月連続首位。先月12,900件の純減を記録したドコモは2月は大幅な純増に転じた。

2013年2月末時点の総契約数は、ドコモが6111万8600件、KDDIが3719万7400件、ソフトバンクが3181万8900件。

2013年2月純増数

NTTドコモ 143,400件
KDDI 212,700件
ソフトバンクモバイル 255,300件

[日本経済新聞 / 日本経済新聞 / 日本経済新聞]

2013/03/07 14:40 GMT+9
現時点でWEB等の媒体を通じてTCAが発表を行っていないため、情報元を日本経済新聞と改めました。