Primate Labsが行ったベンチマークテストの結果によると、サムスンの新型スマートフォン「Galaxy S4」は「iPhone 5」のほぼ2倍の性能を有することが判明しました。

skitched-20130318-145500

テストに用いられたGalaxy S4は、クアルコムのクアッドコアプロセッサ「Snapdragon 600 1.9GHz」を搭載したバージョンで、ベンチマークソフトには「Geekbench 2」が用いられています。

上の表を見ると、Galaxy S4は『3163』という非常に高いスコアを残しており、『1596』を記録したiPhone 5のほぼ2倍にあたります。また、前モデル「Galaxy S3(Exynos 4412)」の約1.8倍にあたります。

こうして比較してみると、HTC Oneを含め、Snapdragon 600を搭載したモデルは従来機種よりもスコアが大幅に高いことが分かります。クアルコムが満を持して投入する最新プロセッサ「Snapdragon 600」のポテンシャルは非常に高いようです。さらに、前シリーズ「Snapdragon S4 Pro」よりも省電力であると発表されているだけに、今後登場する端末がどれだけのパフォーマンスとバッテリーの維持時間を実現できるのか、非常に楽しみです。

[MacRumors]