朝日新聞は8日(日本時間)、シャープと出資交渉を続ける台湾・鴻海精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)会長がシャープの主力取引銀行に対して、3月26日の交渉期限までにシャープに出資しない方針を伝えたと報じている。

foxconn_sharp 

両社の交渉を巡っては、シャープがサムスンとの提携を発表した翌日に予定されていたトップ会談を郭会長が直前でキャンセルしたといったことも伝えられており、出資の有無についての動向が注目されていた。

記事によると、現時点で出資計画自体を完全に白紙に戻したわけではなく、今後も引き続き検討していくとのこと。

[朝日新聞 / Reuter]