アップルは15日、OS X Mountain Laionのアップデート「OS X 10.8.3」を配信し、BootCampを利用した「Windows 8」のインストールへ正式に対応しました。

スクリーンショット

アップデートの内容は以下の通りです。

  • Mac App StoreでMac内蔵カメラを使ってiTunesギフトカードを使用可能に
  • 「Boot Camp」が「Windows 8」のインストールに対応
  • Boot Campが3TBのハードディスクに対応
  • ファイルURLが原因でアプリケーションが終了する問題を修正
  • ある種のプラグインを使用中に「Logic Pro」が反応しなくなる問題を修正
  • 2011 iMacでオーディオが途切れる問題を修正
  • Safari 6.0.3を同梱

Boot Campは今までWindows 8には正式対応しておらず、「Boot Campコントロールパネル」が開けないなどの不具合が発生していましたので、正式対応版のリリースを待っていた方も多いのではないものと思われます。

[Apple]