台湾AUOは9日(現地時間)、スマートフォン用の5インチ・フルHD(1920×1080ドット)解像度の有機ELパネルを発表しました。さらに、台湾の経済日報が11日に報じたところによると、この有機ELパネルはソニーとHTCに提供されるとのこと。

oled

今回開発された有機ELパネルの画素密度は443ppiに達し、解像度はスマートフォン用有機ELパネルとして世界最高。AUOは今後、同パネルをハイエンドスマートフォン市場へ売り出していくとしています。

AUOの彭双浪・総経理は、今後もスマートフォン用パネルの大型化を目指し、廉価な端末からハイエンドな端末まで、全てのカテゴリーからの受注を狙うと語りました。

高精細な有機ELといえば、サムスンも自社の新型スマートフォン「Galaxy S4」に5インチのフルHD解像度有機ELディスプレイを採用しており、スマートフォン用有機ELパネルの分野にも、高精細化の波が訪れているようです。

公開当初、タイトルを「AUOから提供予定」としていましたが、「AUOから調達予定」へと変更いたしました。

[EMSOne]