Microsoft Portalによると、マイクロソフトの次期OSアップデート「Windows Blue(Windows 8.1)」では、起動時にデスクトップモード(従来のデスクトップ画面)を表示できる可能性があると伝えています。

1365933381_img_13042013_201328

情報によると、流出したWindows 8.1(build 9364)のtwinui.dllを調べたところ、起動時にデスクトップモードが選択できることを示唆するコードが見つかったとのこと。

「Windows 8」ではパソコン起動時にタイル状UIのスタート画面が表示され、最初からデスクトップモードを表示することが選択できないことを不満点にあげる声もありましたが、Windows Blueではそれが改善される可能性もありそうです。

[Microsoft Portal via Neowin]