米アップルが25日午前10時(現地時間)から販売を開始した開発者イベント「WWDC 2013」の入場チケットがわずか『2分』で完売したことが明らかになった。

wwdc_2013_sold_out

昨年は完売までに2時間を要したが、今年は過去最速の速さ。なお、学生向けに150席を無料招待するキャンペーンも併せて実施されており、アップルにiOS向けアプリを1つ提出するとアップルの裁量によって開発者が無料招待されるというもの(詳細)。

WWDC 2013では、ジョナサン・アイブが指揮を執ってデザインの大幅改良を進めたとみられる「iOS 7」やOS X 10.9(仮称:Lynx)、新型MacBook Air、iPad第5世代、iPad mini Retinaディスプレイモデルなどの発表が予想されている。iPhone5Sについても期待が高まっている状況。

[MacRumors]